プロミスの審査基準は甘いのか?

カードローン、キャッシングの活用を考えている方にとって最も気になるのが
審査の厳しさ」や「審査基準」ではないでしょうか?


各消費者金融によって、それぞれ審査基準が異なっているようですが、
基本的には同じような項目となっているのです。



ただ言えることは、審査基準については一般に正式に公表されていない為、
契約時に記入する項目からの憶測とはなってしまうのが現状です。




SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
コマーシャルでもおなじみの
日本でも知名度バツグンの消費者金融です。

◆ご注意!「※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。」


そのプロミスからお金を借りる時の審査ですが、
プロミスの公式サイトにて、最短3項目3秒診断で行うことができます。
               

「審査」について、考えたり悩んだりする方は、
まず、この最短3項目最短3秒診断をすることをお勧めです。



そこで、審査を申し込むなら

SMBCコンシューマーファイナンスの
プロミスの最短3項目3秒診断はコチラ!
      ↓    ↓






さて、

肝心のプロミスの審査に関してですが、
下記の4項目をご自身に当てはめて確認してみて下さい


1.固定収入があること(学生・主婦でもアルバイトなどで安定した収入があればOK)

2.総量規制に引っかかっていない(年収の1/3以上のお金を他社で借りていない)

3.年齢が20歳以上で69歳以下であること

4.お持ちのクレジットカードの支払い直近3ヶ月以内に滞納がないこと※要チェック!


以上の条件を満たしていることが重要になります。
満たしている方は、問題なくプロミスで本審査をクリアーできるでしょう。


SMBCコンシューマーファイナンスの
   プロミスの公式サイトはコチラ
        ↓    ↓




但し、当たり前ですが、実際の入力項目の欄は、
虚偽のことを入力することなく、正しい入力をすることが大切です。



《SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス》
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で≪30日間無利息!≫
来店不要で即日回答!24時間お申込OK!
スピーディにご対応!プロミスなら安心&便利♪


       ↓     ↓



■SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの審査注意点

プロミスの審査基準に対して、最も重要な項目が、「収入」「他社からの借入金額」があります。

近年、闇金問題が発生してから金融機関に対しては総量規制という行政指導が行われており、
年収の1/3以上の借り入れを禁止するようになりました。


この理由から、固定収入を持たない、学生や主婦などの借り入れは、非常に難しくなっています。
逆に、安定収入があり、他社からの借り入れもない人の場合は、問題なく審査は通りやすくなります。

これらの内容はプロミスに限らず、どこのキャッシングサービス会社でも利用しても同じことになります。


これらの条件を補正する意味で、
・勤続年数や、
・キャッシングを過去に利用して、かつ延滞なく返済ができている

などの条件が有効になります。

勿論、勤続年数が極端に短い場合は、収入が不安定とみなされたり、
過去にキャッシングを利用して延滞を一度でも起こしている場合は
マイナス評価になり融資が困難になります。


長期にわたって安定して収入を得ていて、
お金を借りたとしても返済する意識の高い人ということが証明できれば
審査も通りやすく、貸し付けの限度額も大きくなります。



又、審査の申し込みをすると、他のキャッシングサービス会社にも
その情報が通知させる仕組みに成っていますので、
同時に他のキャッシング会社に申込みをした場合は、
全てに審査に落とされてしまいかねませんのでご注意ください!



審査に不安な気持ちになることは分かりますが
申請内容に虚偽があるのは一番失格の対象に成ってしまいます。

必ず内容はチェックされますので、嘘を付いて通すことは不可能です。

キャッシングサービスは個人の信用の上に成り立っているサービスですので、
自分自身が信用に足る人間であるということを証明するしかないのです。
 ↓    ↓
プロミス